2020冬ドラマ

知らなくていいコト主演は吉高由里子!真壁ケイトの父親は殺人犯⁈スター⁈

知らなくていいコト主演は吉高由里子!真壁ケイトの父親は殺人犯⁈スター⁈

2020年1月期の冬ドラマ「知らなくていいコト」に週刊誌記者の真壁ケイト役で出演している女優さんは吉高由里子さんです。

吉高由里子さんは、映画「蛇にピアス」で新人俳優賞を受賞し、その後も数々の賞を受賞している実力派の女優さんです。

「知らなくていいコト」出演が話題の吉高由里子さんについて、

プロフィール・過去出演作品・ドラマ出演に対するネットの評判をまとめました。

「知らなくていいコト」関連記事はこちら!

 

【知らなくていいコト】真壁ケイト役を演じるのは吉高由里子さん!

【知らなくていいコト】吉高由里子さんが演じる真壁ケイトはどんな役⁈

ドラマ「知らなくていいコト」で真壁ケイト役を演じている女優さんは、吉高由里子(よしたか ゆりこ)さんです。

普段は週刊誌記者として有名人の秘密やスキャンダルを暴いているのですが、母親からその死に際して自らの「出生の秘密」を聞いてしまったことから人生が変わり、仕事だけでなく自分自身の秘密にも追究せざるを得なくなった主人公を演じます。

仕事に生きる明るい女性という意味でぴったりな役柄だと思います。

一見どこにでもいそうな女性でありながら、ちょっと不思議な雰囲気もある吉高由里子さんが演ずることに、役柄がぴったりであるかどうかは別にして、かなり面白いのではないかという興味が湧きます。

また、母から聞いた秘密がとんでもないことでありながらも、決して暗いものではないことから、彼女が主人公であることに違和感はありません。

NG集やネット情報などでも見せる素顔の彼女のナチュラルさは今までの映画やドラマでの演技のなかでも生かされていて、ときどき素が現れていることもあって、つい微笑んでしまうことがあります。

今回のドラマにおいてもその独特の雰囲気が出ていれば、充分盛り上がるように思えます。

あるいは今までのイメージをがらっと変える演技があれば、それはそれで彼女の演技の幅が広がったということで、楽しみです。

【知らなくていいコト】はどんなドラマ⁈

主人公の女性は自信家ですが人懐っこい性格。
政治家や芸能人のスキャンダルを暴く週刊誌記者を演じます。

育ててくれた母親(ジングルマザー)の急死に際し、最期に言われた衝撃の「出生の秘密」。

「ハリウッドスターであるキアヌ・リーブスが父親」という母親の言葉からを聞いて、人生が大きく変わります。

記者としての仕事は解決していっても、自分の謎は深まるばかり。
全体を通してだんだん「出生の秘密」の真相に近づいていきます。

脚本は大石静さん(最近では「家売るオンナ」シリーズなどの軽妙なタッチが印象的です。)

大石静さんが脚本を手掛ける作品は軽妙なタッチでありながらリアルでもあり魅力的です。

そして作品で抜擢された俳優は知名度を上げたり大きく成長しているケースも多く、吉高さん今後の活躍も楽しみになります。

吉高さんが今までのイメージどおりに演じてくれることも楽しいですが、一方で、全く予想外の役作りをちょっとでも見せてくれることも期待しています。

【知らなくていいコト】真壁ケイト役吉高由里子さんのネットの評判は⁈

吉高由里子さんの「知らなくていいコト」への出演が決まってから、早くもSNS上では大きな反響がありました!

どんなコメントが上がっていたのか、見ていきましょう♪

【知らなくていいコト】真壁ケイト役吉高由里子さんのプロフィール!過去出演作品は⁈

吉高由里子さんプロフィール

吉高由里子さんの公式に発表されているプロフィールはこちらです!

  • 生年月日  1988年7月22日(年齢:31歳)
  • 出身地   東京都
  • 身長    158cm
  • 血液型   O型
  • 職業    女優
  • 活動期間  2004年~

趣味は絵を描くことと音楽鑑賞。左利き。
本名は非公開ですが、「早瀬由里子」では?という未確認情報もあります。

高校1年生の時に原宿でスカウトされて芸能界入りしました。

もともと人づきあいが苦手だったらしいのですが、交通事故で顎の骨を折るなどのかなりの重傷を負ったことを転機に改善されたとのこと。

映画『紀子の食卓』(デビュー映画)や『蛇にピアス』など受賞歴も多いです。
2014年にはNHK紅白歌合戦で紅組司会も務めています。

人懐っこい性格のようで、年上の役者さんにもごく自然に親しく話すことから、まわりがちょっとびっくりすることもあるようです。

自分にも人にも正直で、ありのままに生きているということでしょうか。

自分の知り合いであるかのように、どこにでもいるような自然さが魅力です。

自分に正直なナチュラルな性格のために誤解されることも多いようですが、これまで意外に苦労が多く、隠れたところで努力している女優さんであるような気がします。

CNNの「世界的に知名度は高くないが演技力のある日本の俳優7人」に選ばれたことがあるらしいですが、今後の成長と活躍が期待できます。

是非とも大女優になってほしい人です。

吉高由里子さんの過去出演作品は⁈

吉高由里子さんの過去に出演された、代表作品などをご紹介します!

『蛇にピアス』2008年

この映画の主演が決まった数日後、交通事故により人生観を変えるほどの重傷を負いました。

日本アカデミー賞新人俳優賞やブルーリボン賞新人賞などを受賞し、ブレイクを果たした作品です。

『ガリレオ(第2シリーズ)』および『真夏の方程式』2013年
主役の物理学者(福山雅治さん)に事件の捜査協力を求めるキャリア刑事の役。

プライドが高い自信家、そしてタメ口で会話することの多い役柄で、視聴者から見れば吉高由里子さんの実像ではないかとも感じられ、大変面白かったです。

前任役の柴咲コウさんと比較するとさらに興味深いです。

『花子とアン』2014年。
オーディションなしでヒロインに決定しました。

自身は左利きなのに、このドラマのために普段の生活で右手で箸を持つ練習をし続けたらしいです。

『わたし、定時で帰ります』2019年

【知らなくていいコト】真壁ケイト役吉高由里子さんプロフィールまとめ

【ドラマ知らなくていいコト名】に真壁ケイト役で出演している吉高由里子さんについて、プロフィールやドラマでの役柄・ネットの評判などをまとめました。

独特の声や話し方が特徴のある女優さんですが、これまでも高い演技力で様々な役柄を演じてきていますよね。

今回のドラマでも吉高由里子さんの世界観に引き込まれそうですね!