2019夏ドラマ

TWO WEEKS最終回ネタバレ感想口コミ!10話結末はハッピーエンドか⁈

2019年9月17日(火)に放送されたドラマTWO WEEKS最終回10話のネタバレ感想口コミです。

いよいよ最終回!

最終話目前で柴崎に囚われてしまったすみれとはな。

結城は2人の命を救って、無事ハッピーエンドを迎えることができるのか?!

ネタバレあらすじをまとめました。

ドラマTWO WEEKS最終回10話の見逃し動画が無料でフル視聴できる方法も解説します。




TWO WEEKS最終回10話のネタバレ!あらすじを解説!

元恋人のすみれ(比嘉愛未)を助けるか、娘のはな(稲垣来泉)を助けるか、究極の選択を迫られる結城大地(三浦春馬)。どちらも選べず、途方に暮れていると、有馬から「すみれの居場所が分かった、オレはすみれのところへ行く。お前ははなのところに行け!」という指示をもらいようやく結城は動き出す。

約束の場所へ行くと灰谷が現れる。はなのもとへ連れていかれる結城。はなは柴崎の隣に座っていた。

ここで結城は柴崎に第2の選択を迫られる。『娘が死ぬのを見てから死ぬか、娘にあとを追わせるか』。結城が答えられずにいると、柴崎は「俺が決めてやる」といいはなを殺すよう灰谷に指示をする。しかし灰谷はこの柴崎の指示に逆らいます。実の父親に逆らうのかと怒りがこみ上げる柴崎。柴崎は逆らった灰谷にナイフを突き刺します。そしてそのナイフを今度ははなに向ける柴崎。そこでまた灰谷が止めに入ります。その間にはなを連れ逃げ出す結城。

一方有馬はすみれの救出に成功。警察が来たと柴崎の手下は逃げ出します。そして逃げ出したことで、柴崎に殺されるかもしれないという恐怖を感じた柴崎の手下は、警察に柴崎が柏木愛を殺害したときの証拠品を提出し、その代わりに自分を守ってほしいと願い出ます。

一方楓は久我早穂子のもとへ行き、手に入れた動画のコピーを久我早穂子に突きつけます。久我早穂子は自分の過ちを認め自首します。

柴崎のもとから逃げ出した結城とはなは近くの学校に逃げていました。はなの免疫力が低下しているため少し休ませる結城。しかし二人のもとへ柴崎がやってきます。結城ははなを隠し、柴崎と対峙します。もみ合いになる結城と柴崎。

会談を転げ落ちた二人のもとへ到着した警察官が駆け寄ります。柴崎の足に刺さるナイフ。柴崎は結城に刺されたと嘘をつきますがもうお見通しの警察官に逮捕される柴崎。一連の事件に終止符が打たれます。

その後無事、骨髄移植の手術は成功。はなの元気になったらやりたいことのキャンプに結城とすみれと3人で出かけます。

一方、楓は提出していた辞職願が受理されておらず検察官を辞めずに済み、父親の事件が解決したらやめようと思っていたことも取り消し検察官を続ける決意を久我早穂子に伝えています。

この【TWO WEEKS最終回10話】の内容を無料でフル視聴するならこちら!(1か月間無料で見放題)




TWO WEEKS最終回10話の感想・ネット上の反応は?

今までもやもやしたままで終わっていた事件にようやく終止符が打たれました。ハッピーエンド、とてもすっきりしました。最終回も最後の最後までひやひやする展開。灰谷は柴崎の実の息子だったんですね。息子を刺すなんてとても罪深い男です。そして、はなにナイフの矛先が向いたときは本当にひやひやしました。灰谷に人の心があった本当に良かった。

そして久我早穂子の息子はすでに亡くなっていたんですね。自分の生きる意味は息子さんだったんですね。

はなの手術が成功して本当に良かった。その後3人で暮らすのか、有馬さんと暮らすのかは描かれていませんでしたね。有馬さんはとてもいい人なんですが、結城とすみれとはな、3人で暮らせてたらいいなと個人的に思います。ドキドキハラハラ涙あり、とても楽しいドラマでした。

TWO WEEKの動画を見るなら、FODプレミアムがおススメ!
1話から10話最終回まで全話、1か月間無料で楽しむことができます。

▲ ▲ ▲
今すぐ見逃し動画を無料で見る!

 

三浦春馬さん出演「ラストシンデレラ」や、
芳根京子さん主演「わさび」も無料で観れますよ♪