2019夏ドラマ

TWO WEEKS3話ネタバレ感想口コミ!柴崎(高嶋政伸)が握る秘密とは…⁈

2019年7月30日(火)に放送されたドラマTWO WEEKS3話のネタバレ感想口コミです。

柴崎(高嶋政伸)の身代わりで服役した過去を持つ結城(三浦春馬)。

またしても柴崎にはめられるのか⁈

不気味な実業家・柴崎の秘密とは⁈

ネタバレあらすじをまとめました。

ドラマTWO WEEKS3話の見逃し動画が無料でフル視聴できる方法も解説します。




TWO WEEKS3話のネタバレ!あらすじを解説!

第2話では、森の中で警察に追い詰められたが、謎の男が出てきて幸か不幸か男のおかげで警察からは逃げることに成功します。が、しかし、男はナイフを持って襲い掛かってくるところで終わっています。

この、謎の男は灰谷(磯村勇斗)といい柴崎要(高嶋政伸)の送った殺し屋でした。ナイフで追い詰められ「柏木愛(立花恵理)のカメラをどうした?」と聞かれ、柴崎の手下だと気づく結城大地(三浦春馬)。

なんとか灰谷から逃げることができたが、結城は腕に怪我を負ってしまいます。怪我の消毒をするために、近くの民家の水道で消毒をしているところを住人北村義江(倍賞美津子)に見つかってしまいます。そこで結城は義江を縛り身動きが取れない状態にしますが薬を必要とする義江のために、薬を探し水を持ってきます。

その行動を見ていた義江は、「この人は悪い人じゃない」というような表情を見せています。

その後義江の家に警察が聞き込みに来ます。「何か変わったことはないか、知っていることがあったら教えてほしい」という警察に「べつになにも、」とこたえる義江。

その夜、心臓発作で倒れる義江を病院へ運ぶ結城。結城は人を殺していないと義江は確信します。結城は義江に息子の服と箪笥に入れておいたお金を借り、再び逃走が始まります。

一方、月島楓(芳根京子)は、自分がいま抱えていることを検察事務官の角田智一(近藤公園)に打ち明けました。8年前、自分の見ているところで父親を柴崎に殺されたこと。柴崎の代わりに自首をし罪をかぶったのが結城だったこと。自分の言葉は信じてもらえなかったこと。だから、法で柴崎を裁くため検事になったこと。単独で捜査を進めていたことを打ち明けました。

結城は逃走中、公衆電話からすみれに電話をかけます。状況が呑み込めずに動揺するすみれに結城は、自分は殺していないこと、はなの手術を成功させるために逃げていることを伝えます。

相良さとる(森永悠希)にカメラを持ってくるように指示をする結城。2人が育った養護施設で待ち合わせをしますが、先に着いたさとるは殺し屋の灰谷に殺されてしまいます。結城が着いた時にはもう息をしていないさとる。戸惑いを見せる結城の背後には灰谷が息をひそめています。警察が忍び寄る物音で逃げる灰谷と結城。結城は逃げるときに、すみれの婚約者である有馬海忠(三浦貴大)と鉢合わせになってしまいました。

この【TWO WEEKS3話】の内容を無料でフル視聴するならこちら!(1か月間無料で見放題)




TWO WEEKS3話のネット上の反応は?

この先どうなるの?とCMになるたびに思ってしまうほど、ドキドキする展開でした。

見れば見るほど結城を応援してしまいます。そして見れば見るほど、柴崎が許せません。

しかし、これからが逃げているばかりではなく結城の反撃が始まりそうですね。

8年前から絡まりあった糸がどう解けていくのか、どう着地するのか、今後の放送がとても楽しみです。

TWO WEEK次回4話内容は?

TWO WEEKの動画を見るなら、FODプレミアムがおススメ!
1話から10話最終回まで全話、1か月間無料で楽しむことができます。

▲ ▲ ▲
今すぐ見逃し動画を無料で見る!

 

三浦春馬さん出演「ラストシンデレラ」や、
芳根京子さん主演「わさび」も無料で観れますよ♪